実践力、行動力、運気を上げる方法、モチベーション維持の5つのメソッド

f:id:KD0618:20190118091706p:image

 

今日は行動力を上げたり、モチベーション維持方法、長続きしないなー!っていう人

が悪いという方が、より良くなる5つの習慣を書いていきます!

 

  • 朝起きの習慣
  • 明るく元気な挨拶
  • はい!の実践
  • 良きメンターとの出会い
  • 共に自分を磨く仲間の存在

 

 

1.朝起きの習慣

早起きと朝起きは違って朝起きたらテンションマックス!

というのが朝起きです。朝のパフォーマンスを上げるには「いつもの朝の習慣」にくっつけます。朝歯を磨く時に笑顔でやる。いってきます!をいつもより元気に言って出て行く。

こんなの普通じゃない。わたしには出来ない。と思うかもしれませんが、毎日を変えないで今までと違うことは起こりません。

朝のパフォーマンスを上げるとなにが起こるか。1日のチャンスに気づくことが出来ます。本当は早起きももちろん良いです。

朝早い時間は、

  • 渋滞もありません。
  • 急ぎの電話もかかって来ません。
  • 声をかけられる事もありません。

そうなると、「急ぎじゃないけど重要な事」に変えれます。 わたしの場合ブログ書いたりFXの長期予想やラインを引いたり、新しい為替の動きに気付けたりします。

 

 

2.明るく元気な挨拶

おはよー!おはようございます!大きな声での挨拶。だんだんハードルが上がって来ましたね!

これは前回のブログでも書きました。繰り返しになりますが、大事なことなので何度も言います。気分の起伏の少ない人を目指しましょう。

朝機嫌が悪そうにして、同僚が声かけるのに気を使う。

完全にチャンス逃してます。

朝、おはよー!っていつも言ってる人になら、例えば同僚が会社着いたらあの件話しよう。と考えていたとして、

同僚「おはようー。」

あなた「おはよう!」

同僚「こないだのあの件さー。」

と、スムーズにお話が進む。普段意識していないで朝出勤してる人は自分は大げさにおはようというくらいでやっと普通レベルです。

明るく元気だな。と相手に気づいてもらうにはそれこそ嘘みたいにしないといけませんね。

3.はい!の実践

お願い事をされたらまず「はい!」です。

どんな時に、はい!と返事するかと言うと、やったことない事や、自分には無理だな。と思うことを言われた時に「はい!」です(笑)

理由は、それしかないからです。自分が成長するには。

自分が成長しなければ、大きな行動力も、運も向いて来ません。

成長するから人がついてきてくれるんです。「意識高い系ですか?」と言われますが、なにが悪いんでしょうか?成長したくてお金や人間関係や家族の幸せのために頑張って、誰かに迷惑かけますか?

悪い言い方ですが、そんなこと言う人なんて放っておいて構わないと思います。

 

 

 

4.良きメンターとの出会い

メンターは「尊敬する人」自分の尊敬する人を意識して生活すると例えば女性の方で、子育てで困った事があったら「こんな時お母さんだったらどうするだろ?」というのは、子育て=お母さんという分かりやすいメンターが、居ます。

極論言うと迷ったら、自分で考えない。

 

会社では上司であったり、もっと遠い存在でもいいです。

ん「孫正義ならどうするだろう?」と思ってもいいし、悩んだ時のために心の支えになる人を頭の中に常に置いといてください。

必ず助けられます!

 

 

5.共に自分を磨く仲間の存在

やっぱり大先輩でこれを続けてらっしゃる方もいらっしゃいます。

でも人はすぐ言い訳をしたがります。

アレはあの人だからできるんだよ。って

もうあの人だから出来るとか私は普通の人だからって言い訳やめましょう。普通の人名乗ってる人はハッキリ言って普通にも到達していない人が多いです。

子供っぽかったり、悪口言ったり。面倒な事から逃げたり。

そういう人に不満を持って、繰り返しの負のループに入るだけです。

変わりましょう。今が嫌なら変わるしかないんです。

 

 

最後にゲーテの詩集から好きな詩を1つご紹介して終わりにします。

 

我々は高みに憧れるが、

歩き出すことには無関心だ。

山々を望みながら、

平らな道を歩きたがる

 

 

これからの成功者の考え方

西野亮廣著「革命のファンファーレ」はこれからの成功者モデルを示唆している。

彼の他の本やテレビでの対談なども見ているので、話は色々と混ざるのだけど、わたしからみた西野亮廣の考え方をここにアウトプットしておこうと思います。

目次

  1. 西野亮廣×クラウドファンディング
  2. お金は信用である
  3. 価値あるものを先に提示する
  4. 自分に落とし込む

f:id:KD0618:20190115004014p:image

西野亮廣×クラウドファンディング

彼と言えば

というイメージでしょうか?

彼のクラウドファンディングの実績を見ていると最初のクラウドファンディングが2013年1月からで5,311,000円で参加人数585人です。

2017年には1億超えています。

まず2013年1月にクラウドファンディングを知ってた人どれくらいいますかね?世間の浸透率はとても薄かったんじゃないでしょうか。

西野亮廣はお金と捉えて、クラウドファンディングを正確に捉えている結果になってると思います。

お金は信用である

お金って不思議だな。と思うんです。お金はとても大事なのに、お金の使い方や稼ぎ方学校で習わないんですよね。

西野さんの答え

お金とは何か=お金とは信用である

クラウドファンディング=信用をお金に変える両替機である。

この話をすると必ず「ホームレスの小谷の話」をするんですけど、西野さんみたいに上手く話せないので、割愛して、話しますね。

ホームレス小谷は自分の一日を50円で売ってます。小谷という1人の人間を1日50円で何でもしてくれます。

例えばあなたが「草むしりをして」と、ホームレス小谷を呼ぶとホームレス小谷は、約束の時間にきて一生懸命草むしりをしてくれます。

朝から必死で草むしりをしているとお昼になります。

50円しか払わないあなたはやっぱり気を使ってお昼ご飯ご馳走します。

お昼ご飯食べたホームレス小谷はまたお昼から一生懸命草むしり。

草むしりが終わった頃にはあなたはさすがにこのまま帰らせるのも悪いな。とお風呂用意して入ってもらったりお酒を奢ったりしながら言葉は「小谷さん今日は本当にありがとうございました。」と言う。というこれが今後の信用の在り方なんですね。

小谷さん結婚してまして、東京のホームレスなんですが、名古屋の鬼ごっこの人数合わせで、また50円もらって参加してそこに居た女の子と東京に帰ってきて、次の日籍を入れました。

奥さんがすごくぶっ飛んでますけどそれは置いといて、小谷さんが「奥さんに結婚式をプレゼントしたい」と話ししまして初めてクラウドファンディングを行います。

浅草の花やしきを貸切にして結婚式をする。一口4000円で、その結婚式に招待します。ということで、2週間で250万集まって無事結婚式が出来たそうです。払ったのは、今まで小谷さんを50円で買ったことのある人達。

あの小谷さんが結婚するんだったら4000円くらい払うよ。という人たちが出てきました。

これが信用経済。ホームレス小谷という信用をお金に両替する機械として使用したのがクラウドファンディングなんです。

価値のあるものを先に提示する。

今皆さんが使ってるFacebookTwitter、などのSNSや、GoogleYahoo!などの検索エンジン、これは全て無料で提供しているサービスです。

LINEもそうですね。LINEはとてもわかりやすいですがLINEを、主に活用してもらってスタンプで課金しているわけですよね。

便利なものを更に便利に使うのに課金を起こす

フリーミアムというビジネスモデルです。

ちょっと違うかもだけど、昔からあるので言えば、スーパーでウインナーを試食して、ちゃんと一袋買うのには有料ですよ。というヤツですね。

試食×インターネットはとても相性がよかった。

ウインナーの試食は物販なのでコストがかかります。ですが、データは減らない。

西野さんの場合を例に取ると絵本を無料公開しました。

これで批判の声は大きかった。と言っていました。

わたしから見ても、ものすごく批判されてました。「無償で見れてしまったら買う人が居なくなる。」と

ただ無料公開したその日、amazonでその絵本はベストセラーになりました。

絵本を吟味して価値があると判断した人が買ったんです。10人に1人買ってくれればいい。それは分母が大きくなればなるほど、その確率は上がって行ったんです。100万人なら1万冊売れることになる。

本屋さんで平積みになって、ここまで分母は増えたでしょうか?

自分に落とし込む

「1億」とか「250万」「クラウドファンディング」「1万冊」とか言われても全然実感わかないですよね。

このレベルになると必ず通ると思うし勉強しなきゃいけなくなるんだと思うんです。

じゃあ、例えばあなたが知識0だとしてからお話するので、分かってるよ!知ってるよ!ってことも出てくると思うので、そうなってしまったらごめんなさい。

 

まず、信用される人になる事です

例えば営業職や歩合のものにすると分かりやすいんですが、信用されると仕事を多く回してもらえますね。

仕事を渡す側だとして、信用してない人と信用してる人どちらに仕事お願いしたいですか?

信用される人になる為に大事な事はまず1つ、気分の起伏が上下しない人になる事です。

あなたの上に怖い先輩や怖い上司がいるとします。朝、会いました。

挨拶しなきゃいけないですね。その時、気分の上下がある人だったら、挨拶も、怖いですよね。

安定して「おはよう」って返してくれる人ならそんなに怖くなくて済みます。

いつ話しかけても、同じトーンで話してくれる人。仕事お願いしやすい人になる事。

  • 日常からコツコツと積み上げていくしかない。近道はありません。

 

そして、安定できた上でもう一つ

勤めて明るい人になる。「はい!」と返事できる人になる。

  • いつも感情の起伏なく安定して明るい人
  • 普通の時もあるけど機嫌悪いときもある人

5年経ったらどっちが成功してそうですか?明るい人ですよね。

無理にそうなれとは言いにくいんですが、でも成功したいなら無理にでもそうなった方が信用は付きます。

違和感が無ければ今までと変わらないんです。

あなたが明るくなって「うわアイツ明るくなった。嫌だな。」って思う人がいたらその人は元々あなたの事を嫌いな人です。

無理に相手しなくてもいい明るいパワーで寄せ付けないようにするくらいニコニコ明るくしていきましょう。絶対味方の方が多くなります。明るいところには人は寄ってきます。

それは原理原則なので、明るいところに人は来る。絶対大丈夫です。

 

そして仕事をこなすにも人に頼りやすくなります。

結果を出せれば価値を提示できた事になる。

わけです。

お金はそのあと、一番最後だそうです。人が集まり仕事が集まり、お金が集まる順番です。

 

そんなの宗教だ。普通じゃないって思うかもしれませんが、客観視して好かれる人の例えを出してます。

普通じゃないのは、普通の定義が低いだけです。

まずは違和感のある1つハードル上の普通を身につけて行きましょう!

 

将来仕事なくなる?

将来テクノロジー社会に入ったら仕事がなくなります。ってめちゃくちゃ聞きますよね。

たしかにAIがどうのこうので仕事がなくなる!と言われても「えー(=´∀`)なくならないよぉー」ですね。たしかに無くなりそうにないですよね。

じゃあどう変わるのか、を調べてみましょう!

f:id:KD0618:20190112150303p:image

6.3%

じゃあこれは厚生労働省が平成29年に発表しているデータで、ここ10年、平成19→29年の間に残ってる会社。創業10年以上続いてる会社の確率6.3%です。

この結果だけ見たら、93.7%がなくなるってことは会社は無くなります。

希望があるとしたら日本の景気が10年間上昇していけば、この確率はもしかしたら10%になるかもしれない。というのは希望になるかもしれませんがそれに頼るのには心細い数字ですよね。

10年の変化

ここ10年変化した結果でいうとiPhoneが日本に最初に入ってきたのが2008年です。それがiPhone3G でもちゃんと浸透したのは3GSからなので、3GS発売は2009年でここから爆発的にスマホ化が始まったので今年でちょうど10年。それ以前はスマホが無かった時代ですね。

今子ども達の将来なりたい仕事ランキングにランクインしてるYouTuber。

これ10年前なかったのかな?と思ったので調べました。代表的な人でヒカキンさんの活動スタートは2006年、13年やってる!素晴らしい先見の明。。

ヒカキンさんのYouTuberは6.3%に入ってるという事ですね。

10年前にはみんながスマホを持ってYouTuberの動画を見てる。なんて誰も想像できなかった事です。

誰も想像できない事が起こる。という発想でそれでも今あるデータから時代の変化を想像してみます。

B to C→C to C

Bはビジネスなので「会社」です。Cはカスタマーといってこれを「個人」と考えます。

お店から物を買う。コンビニ行ってなんか買うこれはB to Cです。メルカリ、ヤフオクというサイトで個人から個人にモノを売るのはC to Cです。

メルカリの業績めちゃめちゃ伸びてるというのに着眼するとC to C需要が増えるんじゃないかと予想します。

例えば不動産。家売りたいなーって思うとするじゃないですか?それに自分の携帯番号書いて立て札してたらちょっと危ないですよね?

じゃあこれを例えば個人情報が保護されて、取引補填する保険なんかも入れるプラットホームがあって、そこに登録すると不動産屋さんにお金払わなくても無料で家を売る事が出来る!

ってなったらどうしますか?

このサイトにAmazon楽天みたいに実績と信頼がついたら、みんなそっちで買いますよね。

今は、古着や古本などですが、中古車、物件なんか個人所有品のものならなんでもその人が売ろうと思えば売れる。

そして間に 会社を挟んでないから安く済む。

 

どうでしょう。地方から東京の大学行く、東京に単身赴任する。引っ越して家電揃えなきゃーって時に、逆に東京から出て行く人が冷蔵庫がもう本当に要らなくて、タダでもいいからもらってー!って言われたら、ラッキーですよね?そしてジモティーって掲示板、そして既にありますよね。

C to Cに関しての法律も出来てくるはずです。

これは必ず出来ます。

その流れも見えてて勝手にC to Cのシステムが出来る。そこで数件トラブルが発生して、下手したら揉め事から怪我をさせたりした場合国家は法律を作らざる得ないからです。

その法案が出来たのは「民泊」ですね。ゲストハウスというものが先にできて、オリンピック対応の名目で民泊のルールが出来ましたが、これもネット上にプラットホームが出来てしまえば、ビジネスホテルも危なくなってしまいます。

残るのは、帝国ホテルや、京都の老舗旅館など、価値のある物しか残らない。

新しいもの売る所が必要だから服屋や車屋がは無くならないんじゃないの?という人が居ます。そこに入ってくるのが人工知能なんです。

ひぃぃ!ですね。こわいです。

1店舗に人間数人分の仕事のできる機械が入ってくれるので、今までより働く人が必要になる人数が減ります。単純にいうと働く倍率が上がります。

倍率上がるとしたら会社に利益を確実にもたらす人じゃないと必要ない。という社会になります。

でもこれは良い変化だと言われてます。

個人の間でお買い物が出来る。安く手にはいる。働く人が機械のおかげで楽になる。

良い変化なんです。これが嫌だと感じる人は、自分が変わらなきゃいけないという事です。

ここから変化の予測

働く場所がなくなる。そういう人が沢山出る。ということは「生活保護受給者が増える」という事です。

ただ限りある資産を小分けに分配してるので、1人当たりは小さくなりますよね。

もちろんそれでいい人はそれで生活して行けます。親の持ち家があり、住む場所に困らない人にとっては、おめでとうございます。ハーフリタイヤ完了です。

そんなやつ居ないでしょ!って思う人のために言うと意外に居るんです。極端に言うと引きこもりの人ってあまり使わないのでそれで良かったりしますし、物欲が少ない人もいらっしゃいます。

つまり、お金を稼ぎたい人がお金を稼ぐ世の中になります。

でも、職場にはかなり選ばれた人しか入れないから「個人の力でお金」を稼ぐんだ。という事です。

今いやだなぁとかめんどくさいなーって思う方、あなたが変わらなければ時代が変わってしまいます。

この変化にドキドキワクワクする人の方が大正解な時代が来ます!ポジティブなマインドセット出来る人の勝ちです!

個人で稼ぐには

ここからは本当に自分で考えるしかありません。わたしがどうだこうだ言ってその通りに実践して稼げるわけではないので。

どう稼ぐか。さっきご説明したC to Cの利用もいいかもしれません。

あといいポイントなのは心の繋がり、人を大切に。という気持ちが強くなる時代です。

なぜかというと以前のわたしのブログ記事に書きましたが、機械化が進むことによって、「人の心」が不足する。不足すると価値は、上がります。

心を動くと対価を得れる時代は来るかもしれないとも読んでいますが、確実な形はまだ出来てません。

ただ大事なのはわかります。それは行動力と失敗です。

まず最初に考えたことが1発目から大当たりするならいいですが失敗すると思います。その時に折れないで、分析して改善する持続的な行動力が鍵になります。

 

行動力についてはまた別の記事で書きます。今日のところはまとめます!

  • あなたの働いてる会社は10年後あるかどうかわからない
  • 自分の知識を増やし未来に備えよう!
  • 行動力こそ最大のカギ、持続的な行動力を維持出来る人が大切にされる時代だ。

 

少し怖い話になってしまったかもしれませんが、皆様のお役に立てれば嬉しいです。

 

ダイエットや禁煙など、「出来ない」を出来るに変える方法

さて、今日は三日坊主のお話です!

  • ダイエット
  • ジム通い
  • 英会話
  • 禁煙

他にも今年はコレしようかな。と、決意したにも関わらず。続かないという人に、「なぜ続かないのか」を解説して行きます!

認識の4段階

f:id:KD0618:20190109000453p:image

認識の4段階と言います。図の通りなんですが、

  • 無意識無能=知らないし出来ない。
  • 有意識無能=わかってるけど、出来ない。
  • 有意識有能=意識すれば出来る。
  • 無意識有能=意識しなくても出来る。

 

みなさんが意図的に出来るようになる事。でいうと九九とかが分かりやすいですかね?かけ算を習ってない段階は「知らないし出来ない」けど習って覚えて九九が言えなくて、その後言えるようになったり。

自転車も乗れない所から練習して乗れるようになります。

大人になってなかなか自転車乗る機会がなくて久しぶりに乗っても、やっぱり乗れますよね?これを無意識有能まで行った段階と言います。

 

それは人間の脳の仕組みに由来します。

脳は不快から逃げようとする

シンプルにいうと人間の脳は快楽を求め不快から逃げようとします。

上の図の真ん中2つは不快ゾーンなんです。

分かってるのに、出来ない。って辛くないですか?めちゃくちゃ辛いですよね。

意識すれば出来るけど意識しないと出来ない。はやっぱりちょっと不快なんです。

学生の時の例えば宿題とか。わかりやすいですかね?

 

ちょっと話変わりますがライザップのトレーニングは有名ですけど、専属のトレーナーが付いてくれるんですよね。それでバーベルとか20キロとか30キロ上げるの10回!とか言って、もう書いてるだけで不快ゾーン入りそうですけど笑

「はち!、くー!、じゅー!!」っていうとトレーナーが「あと3回!」って声を掛けて頂けます。

でもその瞬間、筋肉が切れるんだそうです。

人間10回というと10回に身体を調節しちゃうそうです。そこからの3回で筋肉が限界超えて。筋肉切って、その後筋肉痛になって、超回復して筋肉がつくんです。

最初から13回!って言っちゃうと身体は怪我しないように調整しちゃうそうです。

こんな思いするとどうなるか。身体バキバキ筋肉痛です。階段登るとかドア開けるのも辛くなります。本能には大好きなポジションがあります。

無意識無能です。言葉にして言うと「やーめた」です。

「やーめた」は楽です。元の生活に戻るので、この本能の波を押さえ込んで押さえ込んで、無意識有能に辿りつかないといけないんですね。

 

本能と理性

理性で止めるしかない!そうなんですが止めるというのも制御が効かない時もあります。そういう時には、自分を褒めまくる!

  • 筋肉痛痛いけどこれで筋肉強くなる
  • 昨日ご飯我慢できたわたしすごい!
  • もう禁煙10日も続いてるよ僕すごくない?

とにかく自分を褒めまくる。ちょっとした事をすごく褒める。褒めて褒めて頑張ってる自分が好きになると、今度はそんな自分を裏切らなくなる。

バンバン褒めてください!だって、誰にも迷惑かけなくないですか?頑張った自分を褒めて本能に勝ってしまえば、どんどん成功して行きます。

しかも成功するだけじゃなく、自信も付きます。

 

知識をつける

運動したら筋肉痛になる。って不快なんですね。ただ筋肉痛は筋肉をつけてくれるんだ。と勉強していたら前向きに捉えられます。

ファスティングも、人によってはお腹を下す方もいらっしゃいます。

ただ、それは毒素が出てるので良い傾向に捉えられます。

知識がないと不快要素に負けて言い訳してしまいます。

厳しい言い方をしますと、自分に負けてしまうのは無知が故、と言う考え方もあります。

知識をしっかり付けて、事故や怪我を防ぐ事、不快な事も論理を持って、今こうなっているのは筋肉がついてるからだ。毒素が出ているからだ。

と、しっかり理性に支えてもらう。

自分に負けない。強い自分を作っていきましょう!

新入社員の働き方、働く目的のセットアップ

1月に入ってそろそろ卒業シーズンが見えてきました。 

新しい生活、新社会人の方に会社での働き方のお話です。

私の場合ですが、社会に出て働いて、目の前の仕事に毎日覚えてあくせくして、毎日が過ぎていって、なんとなく仕事に慣れた3ヶ月後には疲れた顔の「社会人」が出来上がりました。

でもそれが合ってる気がしたんです。

それはみんなそうだったから。

人はみんな形を違えど、幸せを目指して生きる。と思っています。

例えば、年に1回旅行に行くとして、旅行ではとても楽しく明るく過ごせて、2泊や3泊して、また疲れた顔で日常に戻り、小さい幸せを噛み締めて、生きる。

これが幸せでしょうか?もっと前向きに生きていいんじゃないでしょうか?

新入社員の働き方、今日は3つ紹介していきます。

f:id:KD0618:20190107205021p:image

肯定的解釈で前向きにする。

例えば、同じ会社のAさんとBさんにこれまでの人生どうでしたか?と聞いてみたとします。

Aさんはこう答えます。

「俺の人生最悪です。ウチの社長はコロコロ戦略変えるし、それで売り上げ上がって給料上がれば、いいですよ?ちっとも上がらないんですもん。

上司もアレやれコレやれっていってばかりで自分は働かないし。こんな環境じゃ成長するなんて無理です。

学生時代の勉強なんて、社会に出て役に立たないし、あんなの時間の無駄だったんです。いや、そもそも俺の人生の不幸の始まりは、あの家に生まれて育った事ですね。」

こんな悲しいことおっしゃる方も、実際いらっしゃいます。

Bさんに同じ質問してみます。これまでの人生どうでしたか?

「ほんと毎日最高なんですよ!ウチの社長はいつもこうおっしゃいます。「今日もこの会社の唯一無二の価値をお客様に提供しよう!わたしはこの会社のみんなと働けるのが最高に幸せなんだ!」

上司の方もこんな風に声かけてくださいます。

「お前あのやり方どうだった?ダメだったかーそうか、じゃあ今度はこうしてみたらどうだ?」そんな風に毎日声かけてくださいます。

もうこの環境では成長するしか出来ないんですよ!

学生時代もたくさんの仲間と色んなことにチャレンジしてきました。だから今もチャレンジ出来るんだと思います。

でも最近もっと大切なことに気がついたんです。僕のことを命に代えても産んでくれたお母さん。そして一生懸命僕を育ててくれた両親にはもう感謝しかないんですよ!」

 

どちらが幸せになると思いますか?

幸せじゃなくてバカなんだろ?と思った方もいるかもしれません。

キツイ言葉でいうとバカになりきれる方が頭がいいです。堀江貴文さんの言葉を借りると小利口が1番損をする。空気が読めてみんなと同じ方向にゾロゾロとついて行ってしまう人ほど、今からは損してしまう時代です。

ポジティブなフリをすると人間の脳は勘違いします。本当に楽しいんだと思ってテンション上がって行きます!

勘違いさせるには意識的に前向きに切り替えるしかないんです!

叱られるかもしれません。でも怒られたら感謝しましょう。

怒られるのは成長の為ですよね。どうでもよかったら怒られたりしない!と感謝する。ポジティブに変換します。

AKBの法則で働く

A=明るく

K=感じ良く

B=馬鹿になって働く

です。これ逆にしたらわかりやすいですかね?

明るくの逆は「暗く」?感じ良くの逆は「感じ悪く」、馬鹿になって働くは、「理屈言って働かない」ですかね笑

皆さんが上司でどっちがいいですかね?

  • 明るく感じ良く馬鹿になって働く人
  • 暗く感じ悪く理屈言って働かない人

上司に仕事を依頼されたら、「はい!」って笑顔か、「えっと、、、僕やった事ないから、、無理だと思うんですよ」って言われたら上司どうしよう?ってなりますね。

でも現実、会社の利益を出してる社員は会社の20%と言われてます。

20%の人が行動し、利益を出し、評価され、お金や立場に影響しています。

新入社員で会社に入り、どちらを選択するか。

 

じゃあどうでしょう?AKBでやると上司の方に、「これやってくれよ」と言われたら

「はい!ありがとうございます!」ですね。

でもこのままだとバカに慣れてないですね。危ないですね!だから

「はい!ありがとうございます!、、でどうやってやったらいいですか?」ですね笑

新しい事任されてやり方を聞くのになんの問題も無いですよね!だからこれでいきましょう!

自分の後輩が笑顔でこれ言ってきて、嫌な気持ちにならないですよね。

AKBは他人に嫌な気持ちを持たせない効果です。

社会に出て、他の会社の人とか皆さんの同僚と1年後2年後、食事に行ってください。

大体の人がAKBの逆を選択してる。と良くわかります。

AKBになれば大人気です。いろんな人に引っ張りだこになります。

責任を自ら取りに行く

責任を取る。というと良い印象か悪い印象かというとあまり楽しくなさそうに思います。

ただ、これもわたし達は自然にやってました。

小学校から中学校、高校、大学と、責任は大きくなってきました。

その代わり得たものは何でしょう?

それぞれ違うとは思いますが、大きく捉えると自由じゃないでしょうか?

行動範囲、交友範囲が広がり門限も遅くなったり、大学に行くのに一人暮らしになったり、ひとつひとつ責任を取る度に自由を手に入れていくんです。

会社の中でも同じ、単純に最初はサポート付いてお仕事して、その内1人になりますよね。

そこは会社の想定内の責任ですが、そこから上の責任を1人で責任を持って自分から取りに行く。

自由になる為に取りに行って前向きに行動をする。自分を自分でコントロールします。周りに影響されないで、自分は自分の自由の為、冒頭に書きましたが、将来幸せになる事を目指すため、入社からがとても大きなポイントです。

自分から自分の責任を取りに行く人。それを1年、2年、3年とめげずに続けてみて下さい。

責任を取るという言葉が変化します。

リーダーシップがある人と呼ばれるようになると思います。下が付いてきます。自分が動かなくても良くなります。自分には責任に基づいた仕事が回ってきます。

ひとつ、自由が手に入ります。

社会的な自由を手にするには、会社員でも、個人事業主でも、年単位、目標を持って行動が必要です。

でも努力をし続ける365日は長いです。

みんな諦めてしまうんです。諦めて「普通の会社員」になってしまいます。だからみんな自由じゃないんです。

どうか皆様は継続的な努力が出来ますように、続けましょう。

 

わたしも一緒に頑張ります!

 

欲求階層説

年末年始で色んなものをもらったり、お年玉やボーナスでホクホクしているかと思いますが、今日は欲求のお話です!

欲求には段階がある

人の欲求には段階があります。まず1番最初の段階の欲求はとても有名なので皆さんも何処かで聞いた事あるかもしれません。

f:id:KD0618:20190105010458g:image

生存欲求

簡単に言うと生理的欲求、睡眠、食事、性欲、排泄、など身体のベースとなる欲求です。

これを無理に広げて説明しなくてもいいかと思います。でも1番下の欲求が満たされると、次の段階の欲求に行きます。逆を言うと睡眠不足だったりトイレに行きたかったりすると他の事が頭に入らない!となることもあるかもしれません。生存欲求はそれだけ強いんですね。

 

安全的欲求

身の安全や健康、経済的安定

殺されない。生命の危機がない状態のことを指します。

これも今の日本にいて、鉄砲が飛んでくる!とかはあまりないので、過度なリスクはないかと思います。

逆に言うと災害リスク世界1位の日本です。

この欲求に立ち返る可能性もあるし。災害にあった人が身近に現れるかもしれない。という事です。

その時にこんな風にしろ!という事ではなく。

この欲求を念頭に置くと助ける方法が変わってくるんじゃないかな。と思います。

 

親和欲求

親和欲求という言葉ではちょっとわかりにくいかな。言い換えると愛と所属欲求です。この会社に居る。とかこの仲間のグループにいる。「ここにいてもいい」という欲求です。

リストラとかこわいですよね。

怒られたり、否定されるのがこわいですよね。

あと、これはグループの欲求のお話ですから、1番起こる可能性があるのはイジメです。イジメに関してはこのブログで何文字書けばいいかわからないくらい語らなきゃいけないので今日は言いませんが、例えば、「浮いている」というのも親和欲求があるからこそ、感じる違和感です。

ただ、この状況はよくあります。

新人アルバイトや転校生のお子さん、中途採用の社員だったり、新しい人がポンと1人入るとどうしても「浮いてる。」という状況に陥りがちです。

ただこれは、システムである程度変化させることができます。

たとえば、お子さんであれば「○○ちゃん寂しそうだね?おはなししておいで?」と言ってみたらお子さんはとても素直にお話ししにいってくれます。

その様子を見た他の子が混ざってくれるかもしれません。そこに和が生まれます。

例えばお店でも、新人さんの名札の色を変えたら、他のアルバイトスタッフさんは必ず声を掛けましょうというルールにします。

ロジックを作るとこの「浮いてる」の状況は打開出来ます。会社ならばその仕組みを作っておいてあげることが重要です。

 

承認欲求

これもみなさん聞いたことがあると思います。

「褒められたい。」「認められたい。」という欲求です。

この欲求について話すのに次の段階の話を先にしなければなりません。次の段階の欲求は

 

自己実現の欲求

です。自己実現の欲求とはなんでしょう?これも言い換えましょう。自分らしく生きたい。

ということじゃないんでしょうか?

会社に食わせてもらっている。と思ってる人でしょうか?違いますよね。

自発的な人の事です。会社の求める人材とはこのレベルの人です。

自己実現の欲求を持ってどんどん会社に改革を起こして改善してくれる人。

人をいじめるなどということに興味のない人。

輝いてる人、人生で成功者と言われる人はほとんどこのレベルに入っています。

社会にこのレベルの人がたくさん現れたら自殺や鬱やいじめなどが無くなる世の中になるんじゃないでしょうか!

そういう人間を育てるという意味で1つ手前の承認欲求を満たすとそういう人材は社内、あるいは家庭内で育てることが出来ます。

承認は「褒める」とは同じではない

褒めるとは良いパフォーマンスを褒める事です。本人が良いパフォーマンスをしない限り褒めることが出来ません。

ポジティブな行動は全て承認に向かっておきています。

  • 立って歩けるようになる
  • 自転車に乗れるようになる
  • 25m泳げるようになる

これら全て先生に、仲間に、親に、認められたい。友達と一緒に遊びたい。

そして、人を責める人はこの承認のバケツが空っぽなんです。

これを指摘したりすると、この人は承認が空っぽなので、1つ手前、親和欲求が脅かされるんです。「ここに居られなくなる」という気持ちになり、とても強く反発します。こういう人に承認欲求を与えます。とても時間はかかりますが、承認のバケツを一杯にするとその人に変化が出てくるかもしれません。

5つの承認力

承認の仕方にも様々ありますが5段階に分けることができます。

  • 結果承認

結果が出たから承認する。ほとんど場合がこれを承認だと思ってるから、なかなか承認できなくなってます。

結果を出し続けてる部下(お子さん)はそこまで承認を必要としていないかもしれません。心がプラスになっているので、結果が出てるんです。

どちらかというと、結果の出せてない方のほうが承認が必要かもしれません。

2番と3番同時に説明します

  • プロセス承認
  • 行動承認

「今回の成績1位だったね。それって、普段から勉強頑張ってるからだよね?」ってことです。結果だけじゃなくそのプロセスを褒めることを言います。男性と女性の脳の違いでも大きく変わってきます。

男性は結果を褒めるとドーパミンが出ます。逆に女性はプロセスを褒めるとドーパミンが出るようになってます。

もちろん両方やっていいんです!男性にプロセスほめてもいいし女性の結果をほめてももちろんいいです。

違いを覚えとくと便利なので、書いておきます。

 

行動承認は、結果がダメだった場合です。勉強したのに結果が出なかった。仕事努力したのに結果に繋がらなかった。

でも「毎日毎日、勉強頑張ってたよね!」という行動を承認するんです。勝てなかったね。とか残念だったね。とか言ってしまうんじゃなく。頑張ってたよね!です。マイナスの言葉を言う必要ってないですよね!力を与えてやるべきです。

「でも勝てませんでした。」と言われたら、「でもさ、その行動って必ず将来に繋がると思うよ。もちろん結果出るときと出ないときあるよ。ただ取り組んだ姿勢が大事なんじゃないか?」って言ってあげましょう。

 

ここからだいぶディープですが

  • 意識承認

例えば、モップが出しっ放しになってる。掃除されてない。

「モップ置いたの誰?」と聞きます。「あっすいませんでした!」と本人が出てきたら「掃除しようとしてたのか偉いなぁ!」

これが意識承認です。誰だー!出しっ放し!じゃなく、なにをしようしてたのかを褒めるんです。かなりレベル高くなってきました!最後!

 

  • 存在承認

「今日も来てくれてありがとう!君がいると明るくなるし元気になるよ!」なんにもしてなくても言える。これが存在承認です。だいぶレベル高いです!

 

  1. 結果が出たから偉い!
  2. 頑張ってたから偉い!
  3. 結果は出なかったけど頑張ったから偉い!
  4. 仕事してないけど仕事しようとしてたの偉い!
  5. ただいるだけで偉い!

上司、親のレベルが上がれば承認のレベルを下げられるんです。

承認の数を増やすには上司のレベルを上げることが大事です。

きれいごとに聞こえますが、学校教育や会社理念なんて100%きれいごとじゃないですか。

その教育や理念に添えない部下、添えないお子さんが出てくるのは、上司や親がそれにそっていないからです。厳しく言うと。

この5つが出来る上司は全企業の約2%しかいないと言われてます。ただ、2%いるんです。

承認のバケツを満たすと自己表現、パフォーマンスがしやすくなります。

自分の事が好きって言えない。思えない。世の中になってきてます。どんどん承認して、本人の自信に繋げて行ってあげましょう!

 

それではまた!

 

価値観の違い

価値観の違いで争う事は多いです。モメ事のタネになりやすい。

  • 男女関係
  • 職場
  • 友人関係
  • 宗教間
  • 国家間

もっと他にもあると思います。大きい事より小さい事の方が日本人である私たちの方が実感あると思います。なので、今日は日本の中で起こりそうな事例について、考えてみましょう!

f:id:KD0618:20181227235540j:image

価値観とは何か?

いつも行くコンビニで300円で傘が売ってるんです。でも雨が降ると600円になるんですよ。

でも、売れます。雨だから高くても、今から歩く距離を考えると買わないといけないから買うんです。

不足すると価値が上がる、余ると価値が下がる、これが価値です。

ジェネレーションギャップとは生きてきた時代によって不足したものが違う事から始まるんじゃないでしょうか?

例えば

今の70〜80代の方、時代でいえば戦後物のない時代、食べるのに困った時代を生きてます。

自分のおじいちゃんおばあちゃんを思い出すと「食べ物を粗末にしない事」と言いながら食べきれない量の料理を出してくれたり、食に対する気持ちはとても強かった様に思います。

田中角栄氏の名言に「まずは食わせろ。話はそのあとだ。」というのも時代背景を象徴する様に思います。

もちろん個人差はあると思いますが、この世代の価値観の重点を「食」にさせてください。

 

 

60〜40代

もしかしたら40代も後半の方かも知れませんが、この世代の方たちは何を体験してきたか。というと、高度経済成長(1954年〜1973年)の時に幼少期を過ごしてます。

物がない時代からドンドン物を作るぞー!って日本がだんだん豊かになっていく時代です。

ここの人たちの価値観を「お金」とさせてください。お金をじゃんじゃん稼ぐ、というこの世代のおかげで世界経済に日本はついていってます。豊かになる!という正義があったんです。

 

30代20代

この世代で大変換が起こります。先に答えを言いますが、ちょっと表現キツイかもしれませんが、この世代の人たちの価値の軸は「存在」です。

「わたしは何のためにいるんだろう?」と考えたりします。「お金」より「休み」が欲しい。存在を否定されたくないです。

上の世代と全然違うのわかります?物質的価値から精神的価値に変わってるんです。

 

マテリアルからスピリチュアルへの変化

先ほどの冒頭に少し戻りますが、80代70代の方には「食べ物」が不足していたからそこに価値、があったんですよね。

その下の世代には「お金」がなかったからお金を稼ぐことに価値があったわけです。

現在どうでしょう?物溢れてますよね?食べ物もバンバン捨ててます。

断捨離は「モノを捨てると心がスッキリ」するんですよね。

日本の社会が成熟したから起こる悩みなのかもしれません。

 

 

例えば採用面接で

大学で何頑張りましたかー?って質問するとします。

大学生が「自分探しのためにバックパッカーをして何日間旅をしてきました」

と答えると面接官の人事部長は

「は?そんなことするならアルバイトでもして親に学費の1つも返さないのか!」

と思うんです。

しかも今ジェネレーションギャップの話ですけど、さらに地域性や家族の影響や色々関わってきます。

価値観とは1人間単位の過去の集合で出来ています。

f:id:KD0618:20181227235540j:image

価値観のギャップは埋まらない

1人の人の過去を変えるって結果から言うと無理です。ギャップを埋めよう。とすると自分ばっかりが歩み寄らなきゃいけなくなるんですよね。

なのでこうするのはどうでしょう?

相手の価値に沿った言い方に言葉を変える。

言葉ひとつなら伝え方なら変えられる気がしませんか?

「次のプレゼン、通ると給料あがるらしいぜ?」って言うと「あっお金とかじゃないんで。」と20代30代からは返ってくるんだとしたら、「次のプレゼン通して僕らのチームが凄いって認めさせてやろうぜ!」と言うと、存在価値の刺激がありますよね。

逆に若手が「みんなで朝礼して朝モチベーション上げると業績が上がります!」と、いうと、「精神論は良いからもっと具体的にないの?」

と言われてしまうとします。

「朝礼内で引き継ぎや情報を一気に共有することにより、作業効率が上がり、業績に貢献できます。」と言い換えると、お金に繋がるかもしれない。と、聞き入れてもらえるかもしれません。

この伝え方で成功すれば、別の内容も同じやり方をやってみましょう。根気よく続けると、「○○部長最近話しやすい」となったり

「あいつも成長してきたな」と評価が上がるかもしれません。

それに最初は考えて言葉を選びますが、ある程度するとそれが楽に出来る様になります。いくつかのテンプレートが頭の中にストックされていきますから、続けることが大事です!

f:id:KD0618:20181227235615j:image

まとめます。

  1. 価値観とはその人の過去から出来上がるものだ。無理に曲げるのはやめよう。
  2. 相手を観察し、相手に伝わる様な言い方に変えてみよう。
  3. 一度や二度で諦めず、根気よく続けてみよう。

 

相手の価値観に沿った言葉選びをすると、摩擦が減り、円滑に回るかもしれません。

 

ぜひ試してみてください!

ではまた!