将来仕事なくなる?

将来テクノロジー社会に入ったら仕事がなくなります。ってめちゃくちゃ聞きますよね。

たしかにAIがどうのこうので仕事がなくなる!と言われても「えー(=´∀`)なくならないよぉー」ですね。たしかに無くなりそうにないですよね。

じゃあどう変わるのか、を調べてみましょう!

f:id:KD0618:20190112150303p:image

6.3%

じゃあこれは厚生労働省が平成29年に発表しているデータで、ここ10年、平成19→29年の間に残ってる会社。創業10年以上続いてる会社の確率6.3%です。

この結果だけ見たら、93.7%がなくなるってことは会社は無くなります。

希望があるとしたら日本の景気が10年間上昇していけば、この確率はもしかしたら10%になるかもしれない。というのは希望になるかもしれませんがそれに頼るのには心細い数字ですよね。

10年の変化

ここ10年変化した結果でいうとiPhoneが日本に最初に入ってきたのが2008年です。それがiPhone3G でもちゃんと浸透したのは3GSからなので、3GS発売は2009年でここから爆発的にスマホ化が始まったので今年でちょうど10年。それ以前はスマホが無かった時代ですね。

今子ども達の将来なりたい仕事ランキングにランクインしてるYouTuber。

これ10年前なかったのかな?と思ったので調べました。代表的な人でヒカキンさんの活動スタートは2006年、13年やってる!素晴らしい先見の明。。

ヒカキンさんのYouTuberは6.3%に入ってるという事ですね。

10年前にはみんながスマホを持ってYouTuberの動画を見てる。なんて誰も想像できなかった事です。

誰も想像できない事が起こる。という発想でそれでも今あるデータから時代の変化を想像してみます。

B to C→C to C

Bはビジネスなので「会社」です。Cはカスタマーといってこれを「個人」と考えます。

お店から物を買う。コンビニ行ってなんか買うこれはB to Cです。メルカリ、ヤフオクというサイトで個人から個人にモノを売るのはC to Cです。

メルカリの業績めちゃめちゃ伸びてるというのに着眼するとC to C需要が増えるんじゃないかと予想します。

例えば不動産。家売りたいなーって思うとするじゃないですか?それに自分の携帯番号書いて立て札してたらちょっと危ないですよね?

じゃあこれを例えば個人情報が保護されて、取引補填する保険なんかも入れるプラットホームがあって、そこに登録すると不動産屋さんにお金払わなくても無料で家を売る事が出来る!

ってなったらどうしますか?

このサイトにAmazon楽天みたいに実績と信頼がついたら、みんなそっちで買いますよね。

今は、古着や古本などですが、中古車、物件なんか個人所有品のものならなんでもその人が売ろうと思えば売れる。

そして間に 会社を挟んでないから安く済む。

 

どうでしょう。地方から東京の大学行く、東京に単身赴任する。引っ越して家電揃えなきゃーって時に、逆に東京から出て行く人が冷蔵庫がもう本当に要らなくて、タダでもいいからもらってー!って言われたら、ラッキーですよね?そしてジモティーって掲示板、そして既にありますよね。

C to Cに関しての法律も出来てくるはずです。

これは必ず出来ます。

その流れも見えてて勝手にC to Cのシステムが出来る。そこで数件トラブルが発生して、下手したら揉め事から怪我をさせたりした場合国家は法律を作らざる得ないからです。

その法案が出来たのは「民泊」ですね。ゲストハウスというものが先にできて、オリンピック対応の名目で民泊のルールが出来ましたが、これもネット上にプラットホームが出来てしまえば、ビジネスホテルも危なくなってしまいます。

残るのは、帝国ホテルや、京都の老舗旅館など、価値のある物しか残らない。

新しいもの売る所が必要だから服屋や車屋がは無くならないんじゃないの?という人が居ます。そこに入ってくるのが人工知能なんです。

ひぃぃ!ですね。こわいです。

1店舗に人間数人分の仕事のできる機械が入ってくれるので、今までより働く人が必要になる人数が減ります。単純にいうと働く倍率が上がります。

倍率上がるとしたら会社に利益を確実にもたらす人じゃないと必要ない。という社会になります。

でもこれは良い変化だと言われてます。

個人の間でお買い物が出来る。安く手にはいる。働く人が機械のおかげで楽になる。

良い変化なんです。これが嫌だと感じる人は、自分が変わらなきゃいけないという事です。

ここから変化の予測

働く場所がなくなる。そういう人が沢山出る。ということは「生活保護受給者が増える」という事です。

ただ限りある資産を小分けに分配してるので、1人当たりは小さくなりますよね。

もちろんそれでいい人はそれで生活して行けます。親の持ち家があり、住む場所に困らない人にとっては、おめでとうございます。ハーフリタイヤ完了です。

そんなやつ居ないでしょ!って思う人のために言うと意外に居るんです。極端に言うと引きこもりの人ってあまり使わないのでそれで良かったりしますし、物欲が少ない人もいらっしゃいます。

つまり、お金を稼ぎたい人がお金を稼ぐ世の中になります。

でも、職場にはかなり選ばれた人しか入れないから「個人の力でお金」を稼ぐんだ。という事です。

今いやだなぁとかめんどくさいなーって思う方、あなたが変わらなければ時代が変わってしまいます。

この変化にドキドキワクワクする人の方が大正解な時代が来ます!ポジティブなマインドセット出来る人の勝ちです!

個人で稼ぐには

ここからは本当に自分で考えるしかありません。わたしがどうだこうだ言ってその通りに実践して稼げるわけではないので。

どう稼ぐか。さっきご説明したC to Cの利用もいいかもしれません。

あといいポイントなのは心の繋がり、人を大切に。という気持ちが強くなる時代です。

なぜかというと以前のわたしのブログ記事に書きましたが、機械化が進むことによって、「人の心」が不足する。不足すると価値は、上がります。

心を動くと対価を得れる時代は来るかもしれないとも読んでいますが、確実な形はまだ出来てません。

ただ大事なのはわかります。それは行動力と失敗です。

まず最初に考えたことが1発目から大当たりするならいいですが失敗すると思います。その時に折れないで、分析して改善する持続的な行動力が鍵になります。

 

行動力についてはまた別の記事で書きます。今日のところはまとめます!

  • あなたの働いてる会社は10年後あるかどうかわからない
  • 自分の知識を増やし未来に備えよう!
  • 行動力こそ最大のカギ、持続的な行動力を維持出来る人が大切にされる時代だ。

 

少し怖い話になってしまったかもしれませんが、皆様のお役に立てれば嬉しいです。